ストリックスデザインは、将来の世代が必要とする自然環境を損なうことのない持続可能な商品開発を進めております。

認証素材の取組み

FSC ®認証マーク

森林が適切に管理されているか、国際的に認められた厳しい基準をクリアした製品のみ、FSC ®マークを付けることができます。

詳しくはこちらから

バイオマスマーク

プラスチックは地中に眠っていた石油を原料にしているので、焼却時のガスは空気中の炭酸ガス濃度を増加させ、地球温暖化の原因となっています。
一方で植物を燃やした時に出る炭酸ガスは植物が空気から吸収したものなので元の空気に戻るだけです。この植物からポリエチレンやペット樹脂などのプラスチックが作れるようになりました。植物や貝殻などを原料として作ったものを「バイオマス製品」と言います。

ベジタブルオイルインク

植物油インクは、従来の石油系のインクに比べて生分解性があり、光化学スモッグを引き起こす原因物質であるVOC(揮発性有機化合物)の排出もほとんどないため環境負荷の少ないインクと言われています。
主な油は、大豆油、亜麻仁油、桐油、ヤシ油、パーム油など植物由来のものです。またこれらを主体とした廃食用油等をリサイクルした再生油も含まれます。

PETボトルリサイクル推奨マーク

推奨マークつきの商品がPETボトルリサイクルに寄与している側面の情報を広く社会に提供することで、消費者に環境負荷低減に寄与する商品の選択を促し、PETボトルのリサイクル推進に役立てています。

商品原料の取組み

ストリックスデザイン
独自の竹マーク

生長が早い竹を利用

竹は生長が早い植物です。管理されないまま放置された竹林が大きな環境問題となっています。そんな竹を木材資源の代わりに活用しています。

竹プロジェクトを推進

2019年、竹素材への取組みを更に進める為に「竹プロジェクト」を発足しました。
木材パルプの代わりに竹を使用した<バンブーペーパー>と<竹由来レーヨン>素材を使用した商品開発し、2020年より販売を開始しました。持続可能な資源である竹を活用した素材開発を行なう事で、環境保全へと繋がる商品開発を進めております。

バガス

バガスとはサトウキビの搾りかすのことです。砂糖を作るためにサトウキビを搾り取った後は大量の茎や葉などの繊維質が廃棄物として残ります。
サトウキビは世界中で栽培されているため、この搾りかすであるバガスを木材パルプの代わりに活用することで森林伐採量を減らし、森林保護やCO2削減に貢献することができます。

その他の取組み

ストリックスデザイン・サステナブルマーク

このマークは、わたしたちのものづくり「THINK」という考え方と、持続可能な未来に対する想いを合わせて表現した独自のマークです。
ストリックス(=森の物知り博士、フクロウ)が小さな芽(=未来への想い)を掲げ、商品を通じてより良い地球環境を実現していきたいという想いを表現しています。

<独自の基準>

  • 環境認証ラベル取得
  • 持続可能な原材料使用
  • 石油由来プラスチック原料の削減
  • YUWA STANDARD CSR監査 など

お客様が環境に配慮した商品を選べるよう、独自の基準をクリアした商品のみロゴマークを記載しています。